株価上昇に思うこと

本日はついに日経平均株価は株式取引時間中に一時的にせよ19000円を超えました。

株式相場は本当に好調の相場展開が続いています。政権が変わり、日経平均株価が8000円台からここまで回復すると思っていた人は少ないと思います。

ただ、個人投資家の中にはアベノミクスで株価が毎日のように年初来高値を越えてもあまりうれしくはない人たちもいるようです。

その理由は多くの個人投資家たちはここまで株式市場がよくなり、株価が回復するとは思っていなかったので、日経平均株価が8000円台に運よく株式投資を始めた人たちも、早々に株式を売ってしまったりしているからです。

そのような人たちは常に株価が大きく調整した時に株式を購入できるように現金を用意しています。
しかし、そのような大きな株価調整はやってきそうにありません。

市場が好調なときは調整らしい調整はなく株価は上がっていくものです。
さて、日経平均株価はこれから20000円を超えていく展開があるのでしょうか。

続きを読む