リスクを被らずに資産を増やしたいあなたに

日経平均株価は、リーマンショック後の最安値2008年の10月31日の6,994円を底にして、安倍内閣が誕生した2012年12月より反騰を開始しました。

今年は一時20,000円の大台にも届きました。今振り返ると2008年10月の底の部分は買い場だったということになります。

2010年頃から株式投資を始め、ライドア事件、日本経済の低成長などで株はさっぱり上がらず、リーマンショックで壊滅的打撃を受けたなかで今生き残って利益を出しているものがあります。

それは積み立てで毎月すこしずつ買った株です。

TOYOTA・NTT・ファナックなど月々10,000円。総額で60万円ほど積み立てたら、リーマンショックで大赤字。それでも積み立ての細々とした投資だったのでそのままにしていたらいつの間にか収支がプラスになって今では20%ほど利益が出ています。

私の投資の中でリーマンショックを持ちこたえたのは唯一この積立だけです。

積み立てはドルコスト平均法で購入単価を平均化して毎月購入するので、高値掴みが抑えられて比較的リスクが少ない投資法です。

長いことコツコツ積み立てることで無理なく投資出来て、長く保有することで何度も配当を受けることも出来ます。

こうした息の長い投資が資産作りには有効なのかもしれません。

投資信託を始めて5年程。

はっきり言って、購入後基準価格がかなり下がってしまったものを、1年前に購入してしまいました。

銀行員さんは、為替ヘッジが付いているので、大丈夫だと自信をもって言っていたのですが、2千円下がってしまいました。このままの基準価格で推移すると、3年位で元が取れる計算になります。

私は、一番高い基準価格のあたりに購入してしまいました。今思うと、確実に下がるものですね。

買うときは、底値を狙うのがいいですね。

日々の値動きの動向を確認してから購入すべきですね。ニーサの手続きはしていません。

ニーサになったら、投資信託など、一気に基準価格が上がったりするのでしょうか。
ニーサのなるのを待って皆さん購入を検討されているのでしょうか。
でしたら、価格が低い今、買い時なのでしょうか。

今年の春あたり、価格が上がった時に売って、下がった時にまた購入すれば良かったと少し後悔もありました。でも利益が取れたとしても、

せっかくあげた利益が、取引手数料でプラマイゼロになったり、更に悪い場合、損をしてしまうことが多々あります。1日の取引数が多ければ多いほど勘案しなければならないのが取引手数料なのです。取引手数料が差し引かれることによって大切な利益を少しでも無駄にをしないためには、手数料に着目してネット証券を選ぶことが肝要です。
参考:取引手数料を比較 / ネット証券比較ランキング

最近は世の中がアベノミクスで盛り上がっており株式投資が注目されてきました。

私もそんな流行りに乗っかってまだまだ月々のお小遣い稼ぎに株式投資をしております。

まず最初に行ったのがインターネットでの情報収集です。

株式投資は過去にデモトレードでやったことがあり、やり方は知っていたのですが、本格的に現金を取り扱おうと思った時にどの証券会社を選べばいいのかの調査から始めました。そしてクリック証券で口座を開設し、資本金が少なくてもできる低位株でのトレードを始めました。

いくつもの会社の決算書を読み、時価総額と会社の資産が乖離している企業をいくつか探し出し、最初は3社くらいの株を購入することから始めました。

そのうち2社の株価が上昇し見事売り抜けることができ、その後も順調に資本金を増やしていくことができました。

さすがはアベノミクス!といったところでしょうか、現在では低位株だけでなく大手の株なども扱いつつ順調にトレードをさせて貰ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です